BBクリームをカバー力で選ぶ最強のランキング

このページではカバー力があるBBクリームについて詳しく書いています。

 

 

カバー力のあるBBクリームってどんなブランドがあるの?
人気のBBクリームが知りたい
BBクリームをカバー力で比較しているのが見たい

 

という方の参考になれば幸いです。

 

カバー力の高いBBクリームランキング

 

 

マキアレイベル薬用クリアエステヴェール美容液の特徴

1本でファンデーション、日焼け止め、美容液、美白、パック作用の役割をもつ美容液ファンデーション。シミや毛穴をしっかりカバーしてくれる薬用クリアエステヴェールです。美容液成分がなんと62%も配合されているので1日中潤っています。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 今ならサンプル5色プレゼント
マキアレイベル薬用クリアエステヴェール美容液の総評

神ファンデと呼ばれる位シミやしわをしっかりカバーしてます。また美容成分がたっぷり入っているのでお肌に優しく、潤いが続きます。しかも美白効果もあり、日焼け止め効果はしっかりSPF35PA+++。全額返金保証もついているので安心です

 
 

マナラbbリキッドバーの特徴

1ヵ月で1万本も販売されている人気のスティックタイプのBBクリームです。シミやしわをしっかりカバーしてしてくれます。紫外線対策もばっちりのSPF35PA+++。45日間返金保証や色の交換がOKなので安心してお試しできます。

価格 3,672円
評価 評価4.5
備考 初回特典2,937円 スポンジ&スキンケアセットプレゼント
マナラbbリキッドバーの総評

バータイプのBBクリームで、手が汚れずに使えることが人気です。毛穴やくすみもしっかりカバーしてくれてます。厚塗り感なしで、お化粧が崩れにくいのが特徴です。今なら大きなしっかりとしたスポンジと人気のマナラのホットクレンジングゲルや洗顔料などサンプル6点がついてきます。

 
 

ラウディBB&CCクリームの特徴

BBクリームとCCクリームの良いとこ取りの1本
・1本で7つの役割
・SPF35PA+++
・無添加
・ウォータープルーフ
・12時間キープ
・30日間返金保証付
・選べる2色
・1本で約2ヵ月使用可能
・色味の変更が可能

価格 2,800円
評価 評価4
備考 初回特別価格1,800円、化粧パフプレゼント
ラウディBB&CCクリームの総評

BBクリームのカバー力とCCクリームの薄付き感のいいとこどりの1本です。厚塗りにならないのに、しみ・くすみをしっかりカバーしてくれてます。カラーコントロールの働きもあるので艶のある透明感肌を作り上げます。

 

 

BBクリームとは?

 

BBクリームとは、もともとは皮膚の炎症を抑えて外部刺激から肌を守るために開発されたドイツ生まれの医療用軟膏のことです。

 

これが整形大国といわれる韓国において、美容整形のレーザー治療やピーリングなどで刺激を受けた肌を守るために使われるようになり、現在のような使われ方をするようになりました。

 

医療用軟膏というだけあり、保湿成分や肌の再生を促すはたらきはそのままに、UVケアやカバー力、美容成分などを加えて、誰でも使いやすいように進化したものが、現在のBBクリームです。

 

BBクリームの主なはたらきとしてあげられるのは、メイクの下地、日焼け止め、こんしーら、ファンデーションなどで、ベースメイクのはたらきを併せ持ったオールインワン化粧品です。

 

特に、朝の忙しい時間帯でも短時間でしっかりとメイクができ、BBクリーム1つで何役も果たしてくれる使い勝手こそが、多くの方に愛用されている最大の特徴です。

 

また、1本で何役もこなしてくれる割りには低コストで、1,000円前後などの低価格で購入できる点も使い勝手が良く、気分や肌の状態に合わせて使用するものを変えられるところも、BBクリームの大きな魅力のひとつです。

 

BBクリームとCCクリームの違いは?

BBクリームと混同してしまう商品の中には、CCクリームと呼ばれるコスメがあります。BBクリームは、「Blemish Balm(ブレミッシュ バーム)」の略で、医療用軟膏だとご紹介しましたが、CCクリームは、「Color Control(カラー コントロール)」と「Complete Correction(コンプリート コレクション)」2つがあり、メーカーによって違いがあります。

 

BBクリームとCCクリームは、どちらもオールインワン化粧品として多くの方に愛用されていますが、その大きな違いはカバー力とテクスチャーです。BBクリームは、カバー力に優れており、保湿成分や美容成分がたっぷりと配合されていますが、CCクリームは、BBクリームの要素に加えて、色ムラの補正機能やファンデーション成分が配合されています。

 

BBクリームだけではカバーできなかった色ムラまで補正してくれる機能がCCクリームにはあるのです。また、BBクリームは“軟膏”なのでモッタリとしたテクスチャーなのですが、CCクリームは肌への伸びが良く、薄付きのものが多くあります。

 

しかし、メーカーによっては、色ムラの補正機能を追加したBBクリームやUVケア成分などのBBクリームの要素が配合されたCCクリームなどを販売しているところもあるため、一概に違いというのはなくなってきているという印象です。

 

BBクリームの選び方のポイント

年齢を重ねた肌は、ホルモンバランスが大きく乱れたり、それが原因となって肌トラブルを起こしやすい状態になっています。シミやシワ、大人ニキビなど、これまでは経験しなかった肌トラブルと直面することが多くなります。

 

さらに、妊娠や出産などの経験をすることによってもホルモンバランスが乱れてしまうため、身体だけでなく、お肌もしっかりとケアしてあげなくてはいけません。そこで、ご自分に合ったBBクリームを選ぶポイント3つをしっかりと確認しておきましょう。

 

保湿効果が高い成分が配合されている

年齢を重ねるごとに、肌の水分量もどんどん減少していくため、乾燥しがちになってしまいます。肌 のカサつきやシワ、そばかすなど、乾燥による肌トラブルは多くなりますが、保湿成分が たっぷりと配合されたBBクリームを選ぶことで、肌の乾燥を防ぐことができます。特に、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの保湿成分が配合されている商品を選ぶことで、肌にうるおいを与えてくれるだけでなく、肌の内側からもはたらきかけてくれます。

 

カバー力が高いもの

シミやそばかす、小じわなどの肌トラブルは次から次へと起こります。それらの肌トラブルをうまくカバーしてくれるBBクリームを選ぶことが必要です。カバー力が高いBBクリームを使うだけでも、厚塗り感のない自然な仕上がりになりますので、自分の肌に合ったBBクリームを選びましょう。

 

カラーは慎重に選ぶ

多くの肌トラブルを抱えていると、それをしっかりカバーしたいがために明るいカラーのBBクリームを選んでしまいがちです。しかし、肌本来の色よりも明るい色を選んでしまうと、塗った部分だけ浮いてしまいます。そうならないためにも、首と顔の間の肌の色を基準にBBクリームのカラーを選びましょう。

 

 

BBクリームの使い方、塗り方

BBクリームは、そのカバー力の高さから、上手に塗ることができればメイク崩れや化粧直しにかかる時間を大きく短縮することができます。また、肌に負担の少ない塗り方によって、肌トラブルを招くこともなく、むしろ肌トラブルを防ぐこともできます。

 

より美しい肌に見せる上手な塗り方のポイント3つをしっかりと守りましょう。

 

BBクリームの適量を守る

BBクリームできれいな肌を作るために重要なポイントは、肌にのせるBBクリームの量です。商品によっても被害はありますが、パール粒ほどの大きさを目安に、肌にのせていきましょう。このとき、肌にのせる量が多いとモッタリとした印象や厚塗り感が出てしまいますし、少なすぎると色ムラが目立ちます。

 

スポンジを使ってムラなく伸ばす

BBクリームを手で顔全体に伸ばしている方も多いと思いますが、それだと手の凹凸や肌表面の凹凸によってムラができてしまいます。スポンジを使って肌にのせることで、顔全体に伸びやすくなり、塗りムラを防ぐことができます。

 

顔の中心部から外側に向かって伸ばす

BBクリームを塗るときには、まず最初に額・両頬・あご先・鼻筋の5か所にBBクリームをのせ、顔の中心部から外側に向かって伸ばしていくことで、塗りムラや色ムラを防ぐことができます。また、首との境目であるあご先の部分は、下に向かって伸ばすことで首との色の違いをなくし、自然な印象を与えることができます。

 

 

私が1番おすすめなのは1位のマキアレイベル薬用クリアエステヴェール美容液です。

 

ここまで、カバー力を比較してBBクリームついてを紹介してきましたが、私が1番おすすめなのは、やっぱり1位のマキアレイベル薬用クリアエステヴェール美容液です

 

 

カバー力で比較してみたシミやしわ、毛穴までしっかりカバーしてくれるのに薄付きで自然な仕上がりで透明感がアップした肌になりました。
また美容成分がたっぷり入っているので一日中しっとり保湿されているます。

 

SPF35PA+++で普段の生活の紫外線対策もばっちりです。

 

全5色の色サンプルもついてくるので自分にあった色が見つけられるはずです!